オーディオ機器で黒色が多い理由はこれだ!

画家や作家、コピーライターなど創造的なアイデアを必要とする人たちは、仕事をする部屋の色は、明るいほうがいいようです。

一方、事務系のサラリーマンのように、着実で継続的な仕事を要求されるならば、クールで軽い中間色がいいようです。

カメラやビデオ、テレビなどのAV機器に黒色が多いのは、黒という色彩から、重厚なマシーンのイメージをおこさせるからです。

逆にクレーン車や掘削機などは、黒、灰、ベージュなどから青、赤、緑などのカラフルな色に変わってきています。

理由は、作業を重苦しくさせないためだといわれています。同時に危険を知らせるために少し派手な城にしているようです。

心理トリック

Posted by trend